◎在学生の声

 

“学び”を捉えなおす

 教職課程では、自分たちが歩んできた学校生活を、「どうして、何のために学ぶのか」などといった問いから、教育を捉えなおします。
 このことは、自分たちの時代や世界における位置づけを把握できるだけでなく、社会人として、いずれ子を持つ親としても役立ちます。
 また、講義内での発表や、学校現場での体験についても然りです。このような実践知と、それぞれの学群で得られる専門的な理論知でもって、立派な教員になれるよう、日々頑張っております。

マネジメント学部3年
橋田 敬さん(高知県立高知西高等学校出身)



頑張ってやることで
得られるものは多いです

 教職課程の授業ではグループワークやディスカッションが多いです。そのため、相手の意見をしっかり聞き、積極的に発言する姿勢が身につき、コミュニケーション能力が高まりました。
 また、学群関係なく活動する機会が多いため、他学群の学生との交流があり、学群を超えたつながりがあります。普段あまり関わることのない学生と友達になれるのは、教職課程の魅力の一つです。

環境理工学群3年
小松 実夢さん(私立土佐女子中学高等学校出身)



恵まれた環境で

 工科大には教職課程の先生だけでなく、幅広い分野の先生方がたくさんおられます。私は教員になりたいということ以前に、人として成長したいと強く思っています。その点において、工科大には私がモデルにしたいと思う方々が先生に限らず、学生や台風で仕事が休みにもかかわらず綺麗にしようと自主的に掃除に来られるおばちゃんなど、たくさんいて一日一日が学びの連続です。
 また私のお父さんの誇れる点は、何も期待していないことです。だから私はのびのびできるし、この環境だから挑戦できます。これからもこの恵まれた環境に感謝して、挑み続けたいと思います。

マネジメント学部3年
大下 全士さん(福井県立敦賀高等学校出身)



工業分野がしっかりと幅広く学べます

 私は、高校では普通科で工業分野のことはさっぱりでした。しかし、ここではさっぱりだった工業のことを沢山学べて、身に着けることが出来ました。おかげで、工業教員を目指すことが出来ました。
 また、教員になるために、教職員の皆さんから様々な支援もしていただいており、とても助かっております。
 生徒のみんなに好まれるような教員を目指して、日々頑張っています。

システム工学群 機械系3年
橋本 稜太さん(大阪府立和泉高等学校出身)



〈ページの最初に戻る〉